2009.4/29
自由が丘散歩。
ゴールデンウィークがはじまりましたね。いかがお過ごしですか。
今年は、ずーっといいお天気が続くようで、なんだかワクワクします。外に出かけたり、庭をいじったり...と、いろいろ愉しめそう。有意義に過ごしたいです。
さてさて、そんな初日。きょうは、近くをふらりとお散歩です。一応、目的は、ガーデニングの苗を買い揃えることなのですが、お天気もいいので、お花を選びつつ、のんびりとランチをしたり、お買い物をしたり...。普段は、なかなかゆっくりと落ち着いて見ることのないお店なども、くまなくまわっては、あれこれ物欲が湧いてくるのでした(笑)
苗を眺めていると、ガーデン用のちょっとした置物や、飾り棚、アンティークの脚立などなど、欲しくなり、もうとどまるところを知りません...。こまった!
ガーデンといえば...、つい最近、雅姫さんのショップ「Cloth & Cross」がリニューアルオープンしたばかり。とっても素敵です。雅姫さんの、ガーデンや花あしらいのセンスが好きで、立ち寄るたびに触発されます。季節ごとの、こまめなお手入れが必要なのですよね。忙しいとつい、後回しにしてしまって、いつのまにかボサボサになってしまう我が家の庭ですが、今年は地道に作っていこうと心に決めています。まずはレンガを敷き詰める作業から...。道のりは長いのです。
自由が丘は、そんな、ちょっとした寄せ植えや、エントランスまわりの小さなガーデンを、素敵にみせてくれるショップが多いので、とても参考になります。この季節は、特にきれいで、お散歩しているだけでも本当に愉しいです。
2009.4/28
日曜日のブランチ。
日曜日の遅い朝ごはん...といって、すぐさま思い浮かぶメニューといえば、パンケーキ。
私は、パンケーキ、という言葉の響きがたまらなく好きです。ホットケーキではなく、パンケーキというところが。ぐりとぐらの、あの大きなパンケーキを想像させるからかな。
そして、昨今パンケーキといえば、やっぱり七里ケ浜のBillのパンケーキでしょうか。私にとっては、KIHACHIのパンケーキも、かなり高得点です。...さてさて、日曜日のブランチに、そんな人気のBillのパンケーキのレシピを、ちょこちょことアレンジして、リコッタチーズのパンケーキをつくりました。リコッタチーズも手作りです!
粉に、チーズやメレンゲをさっくりと混ぜてつくる生地は、焼く前からふるふるです。それを、ホットプレートに1枚分ずつ、そうっとのせて焼くと...、みるみるうちにふんわりとふくらんできます。フライ返しを使って、そうっと焦げ色を確認して、こんがりときつね色に色づいたところで、ひっくりかえします。う〜ん、いい香り。
焼き上がったパンケーキは、あいだにバナナをはさみつつ3段にかさねて、メイプルシロップと、はちみつバターを添えて、ついでにカリカリに焼いたベーコンものっけていただきまーす。甘過ぎないパンケーキなので、ベーコンの塩気との相性もなかなかいいのです。
しっとり、ふわふわのパンケーキ、おいしかったです。こんどは、もう少しチーズが濃厚なものも作ってみたいです。リコッタチーズだけではなく、クリームチーズもあわせると、チーズの風味がたってさらにおいしくなるかも?生地にブルーベリーが練り込んであるのもいいかも。おいしいことを考えはじめると、夢はふくらむのです...(笑)
2009.4/26
週末ガーデナー。
ガーデニングが愉しい季節になりましたね。
この時期、ガーデンショップには、色とりどりの可愛らしい花の苗がたくさん並ぶので、どれもこれも欲しくなってしまいます。でも、あれもこれも...と手当りしだいに買ってしまうと、とりとめのない庭に! ...そういう失敗を、これまでもずいぶんしてきました。なので、目移りや衝動はグッとこらえて、テーマカラーに沿った色の濃淡の苗を揃えていくようにします。その際、主役級の花ばかり手に取らず、それらをひきたててくれるような小花なども添えていくときれいですね。
この週末は、ワイルドすぎる実家の庭を、少しずつととのえていくことにしました。レンガを敷き詰めて小径をつくったり、テーマカラーを決めた花壇をつくったり、大きなテラコッタの鉢に寄せ植えをしたり...。これが愉しい!
自分の仕事場のマンションの小さなベランダでは、できることに限りがあるので、もっともっと寄せ植えをしたくても、置き場が無い!...! という状況。実家の庭なら、地植えもできるし、やりたい放題です。...逆に、苗がいくらあってもたりなくなって、作業の途中で仕入れに行ったり。キリがないけど、それもまたたのし。
私と母が庭仕事に夢中にあっているあいだ、パトリスとゴマも庭遊びです。花壇に入って花を踏みつぶすは、花を食べちゃうわ、イタズラし放題でしたが、ワンコたちもたのしそうでした。
実家のガーデニング...、まだまだ先が長そう。ゴールデンウィークの愉しい課題になりそうです。
2009.4/24
掲載のお知らせ。
本日、『ヱビス本』が発売になりました。
P24「ヱビスビールの楽しみ方〜毎日の暮らしにヱビスビール〜」で、モノクロ線画イラストを描かせていただきました。

このイラストを描きながら、
「うんうん、このシチュエーションでビールって、おいしいんだろうなぁ...」と思いながら、ビールが飲めない私は、ちょっぴり自分がうらめしかったり。20歳を少し過ぎたあたりから発泡性のものがまったくダメになってしまったのです(涙)
でも、こんなときのビールのおいしさは知っているつもりなので、遠い彼方の記憶を思い出しながら描いてみました。って、おおげさでしたね。
でも、いずれにしても、私もビールはヱビスだなぁ。やっぱり。
一度でいいから、鯛が2匹のラッキー・ヱビスにめぐりあいたい...!

『ヱビス本』(エイ出版社)4/24発売
2009.4/23
おまけの愉しみ。
数あるサンリオキャラのなかでも、パティ&ジミーって、好き嫌いのわかれるところだったような...。ちょっとボーイッシュな女の子に支持されていた気がします。あらためて見ると、悪くない!

付録といえば、去年の『LEE』のキャスキッドソンのポーチも可愛かった! もちろん愛用中です。
近頃のファッション誌の付録のクオリティの高さには、目を見張るものがありますね。
数百円でこの付録はふつう買えないから、雑誌買っちゃう...のようなことが、あちらこちらで起きていそうです。

付録って、なんだかとってもノスタルジックな響きです。
私にとって、付録といえばやっぱり、往年の少女漫画雑誌についてきた、紙工作のような組み立て式の箱みたいなものや、ちょっぴりスペシャルなときでシールとか、紙の手提げ袋とか...。基本、もろい紙製。でも、そんな紙の手提げ袋を、なるべく皺が寄らないように、サブバッグとして、大切に小学校に持って行った思い出があります。破れるまで使いました。...はやっていたのですよ、当時。懐かしいなぁ。

...そんなだから、いまの付録の豪華さったら、嘘のようです。
とはいえ私の場合、付録欲しさに、ふだん読まない雑誌を買うことは、ほとんどないのですが、好きな雑誌の付録が、さらに可愛いとあっては、やっぱり「買い」なのかもしれません(笑)
そんなわけで、今月号の『In Red』はつい買ってしまいました。マリンテイストのパティ&ジミー(渋っ!)のバニティはかなり可愛いです。容量も充分だし、バッグからこのボーダーがちらりとのぞくのは悪くないです。折しも今年の夏はマリンが台頭。私も今年は、ふだんならあまり履かない、ネイビーや白のサンダルが気になっている今日この頃です。カゴバッグの中に、このバニティをしのばせて夏のおでかけ、なんていうのもいいな。
バニティのかたちが好きです。
2009.4/21
週末のできごと。
あ、カフェオレだ! ボク、カフェオレ大好きなんだよね...。 こ、このシルエットって...。 あっ、コラッ!
あ〜あ、みつかっちゃった。
この週末、ずいぶん久しぶりに実家で過ごしました。
長いこと会っていなかったパトリスとゴマも、相変わらず可愛くて(親バカ失礼)、元気そうで何よりでした。でも、パトリスとゴマ...、今となっては本当に兄弟のように、ケンカしたり遊んだり。微笑ましかったです。
上の写真は、朝のカフェオレで、ほっとひと息...という時間に、ほんのちょっとのすきにカフェオレを飲まれてしまったところです。こういうことは、パトリスしかやらないんですよね。ゴマは案外、このての“悪さ”はしません。つい最近もパトリスは、テーブルの上のシュークリームを2個も(! !)食べちゃった...という話を聞いてびっくり! 心配したからだのほうは、まったく何ともなかったようなのですが...。ヒヤヒヤします。
...ちなみにこちらの写真は、ガムをめぐって、とりあいをしているところ。いえいえ、もちろんゴマちゃんはとっくに自分の分は食べ終わって、さらにパトリスの分を狙おうとしているのですよ。チビっこのくせに、大食いです。
このあと、久しぶりにみんなでお散歩に出かけました。
いつもの公園は、ソメイヨシノは終わってしまったものの、こんどはいろいろな種類の八重桜が満開! これにはびっくりしました。八重桜のピンク色のトンネルは、ボリューミイで、ピンクのポンポンっていう感じです。写真で伝わってくれるとといいなぁ。思いがけず、遅ればせながらのお花見ができて嬉しかったです。今年はあきらめてたのに...、しあわせ! パトリスとゴマも大喜び。にっこにこの笑顔で走りまわっていました。
あっというまに過ぎてしまった週末でしたが、久しぶりに愛犬たちとも一緒に過ごせて幸せいっぱいでした。
2009.4/20
おうちでワイン。
掲載のお知らせです。
本日『フィガロジャポン』(5/5号)が発売です。
「安くておいしい、おうちでワイン。」と題したとじこみ付録に、ワインにまつわるカラーイラストを描かせていただきました。このお仕事の最中、私自身もワインな日々でした。...とはいえ、お酒がものすごく強いタイプでもないので、近所のリカーショップに足繁くかよって、ラベルをチェックしたり...のような、脳内イメージでの世界ですが。編集部からも、イラストの参考にと、たっぷりとワインをいただいてしまいました。ありがとうございました! ワインによくあう、お料理のレシピも参考になります。ぜひご一読ください!
...ところで、次号のフィガロ、大森南朋(←猛烈に好きです)のインタビューがあるんですね! 買わなくちゃ...。
2009.4/16
ニコタマ、ドーナツ。
いいお天気です。
お仕事もすっかり、ぽっかり。気分もかるく、きょうは二子玉川までお散歩です。
二子玉川って、そんなに頻繁には出かけないけれど、行くならお天気がいいときがいい! と思ってしまいます。そんな、日がさんさんと降り注ぐ午後が似合うなぁ、と思う街です。私にとっては...。

そして、きょうのいちばんの目的は、ドーナツ。ずーっと、食べてみたいと思っていました。“はらドーナッツ”のドーナツ。神戸の老舗のお豆腐やさん、原豆腐店の豆乳とオカラをつかった、防腐剤、保存料をいっさい使用しないドーナツです。材料ひとつひとつに、安心素材を心がけているそう。うれしいなぁ。
そんな“はらドーナッツ”に、やっと行くことができました。うちの近所にもできないかなぁ...。
行列ではないものの、やっぱり、お店の前にはたくさんのお客さま。みんな、たくさんドーナツを買い求めていました。飾り気のないシンプルなドーナツが、ショウケースにちんまりと並ぶさまは、なんだかとってもほほえましいのでした。いろいろなテイストがあるので悩んでしまうのですが、この日、私は、まずは定番のはらドーナッツと、サトウキビ、そして、レモンジンジャー、黒豆きなこ...の4種類をを選んでみました。
クラフトのラッピングに、ぺたりとシールを貼ってもらって、包みもとってもかわいいです。歩きながら、ひとつ頬張ってしまいたい衝動をおさえて、ランチは、これまた大好きなカフェ“リゼッタ”へ。
窓を開け放して開放的な店内には、そよそよと自然の風が入り、本当に心地よく...。こんなところで、何時間でも本を読んだりお昼寝して過ごしたい...、そう思ってしまいます。そうそう、2年前、引っ越し先でつかう小さなダイニングテーブルを、こちらのお店で譲っていただいたことを思い出し、ちょっぴり感慨深かったです。フランスの、それこそ100年くらい前のテーブルは、オーク材の天板が飴色に、いい雰囲気のツヤを出し、2人で向かいあわせでつかうのにちょうどよいくらいのサイズは、ひとり暮らしの部屋にも、生活にも、しっくりと馴染んでくれました。それから2年のあいだ、そのテーブルを使わない日はもちろんなく、仕事用のデスクがあるにもかかわらず、絵を描くのも、ごはんを食べるのも、すべてがそのテーブルのうえでした。オーナーの方が「このサイズって、なかなか無いんだよね」と仰っていたとおり、後にも先にも、あんなにほどよいサイズのテーブルを見つけることはありませんでした。...話がちょっぴりそれてしまいました。リゼッタでのきょうのランチは、仔羊のカリーのランチプレートをいただきました。前菜のプレートに、牛蒡と人参、ドライ無花果の粒マスタードマリネが添えてあり、これがとてもおいしかった! 無花果の甘みがきいているのです。こんど作ってみよう。カレーは、ちょっと酸味のあるルウで、お肉がとっても柔らかく煮込んでありました。おなかいっぱいの昼下がりです。
このあと、いつもどおり、リネンバードでリネンやキッチンクロスを選んだり、お花屋さんをのぞいたり、KOHOROで和陶や和雑貨を眺めたり。愉しいひとときでした。おうちに帰ったら、おやつはドーナツ...。うれしい(笑)
2009.4/10
テラスでお茶を。
4月に入って急に暖かくなって、...いえいえ、暑いと言ったほうがいいくらいですね。ご近所にも、半袖人口が急増中です。桜も、今週末が最終などと言われていますね。自由が丘の桜はずいぶん散ってしまいました。寂しい...。今年は結局、ゆっくりとお花見をすることができないまま、時折、ベランダから桜並木を見下ろしては、綿菓子のようにふんわりとしていた桜が、しだいに枝のほうが目立ちはじめる様子を眺めるにつけ、しんみりとしてみたり。春って、はじまりの季節で、わくわくする反面、その変化についていけなくて焦ったり、寂しかったりする季節でもあるのです。私にとっては...。
そんなセンチメンタルはともあれ、仕事場に缶詰を余儀なくされていた状態から、きょう、なんとなく解放された感があり、久しぶりで、のんびりと外でランチを愉しみました。
いまの季節は、テラス席が本当に気持ちがいい! いつものお気に入りのカフェの、木漏れ日のきれいなテラス席で、冷たいカフェ・オレ...なんて、本当に春、なんですね。
そして、がんばったあとの、のんびりした時間は、かけがえのないご褒美だなぁ...と実感。すっかりエネルギーチャージです。
ランチのあとで、ふらりと入ったお店で、リネンのノースリーブの服を買いました。こんな軽やかな服が欲しくなるなんて、ひと月前なら、まだまだ考えられなかったなぁ。
...ところで桜が満開の頃、私は、ひたすらもみじをたくさん描いていました(笑)。季節を、びゅんとすっ飛ばしています。季節感がちょっぴり鈍っていたかも。
遅ればせながら、これから本当の季節をしみじみと感じていきたいです。
“Cafe CABANON”では、いまだけ、貴重な〈サンマルティーノ〉のオリーブオイルを販売しています。私も買ってみました。イタリアンをつくるのが愉しみに...。なんだか、ここのカフェの回し者みたいですが、ほんとうに好きなんです。
ちなみに、こちらは日曜日のブランチにいただいた、代官山は“Waffle's beulah”のプレーンワッフル。なんだか、甘いものを欲して...(言いわけ)。週末はの〜んびりでした。
2009.4/5
さくらいろ。
今週末はお花見日和。ベランダから眺める青い空と、眼下に広がる綿菓子のような桜並木を尻目に、この週末も缶詰状態でお仕事です...。あぁ、はかどらないのは、この桜のせい?
それでも日曜日、息抜きにちょっとだけ奥沢の緑道までお散歩に出かけてきました。
桜並木に、テントや屋台がたくさん出て、お茶会がひらかれていたり、ワンコ連れの家族や仲間がシートを敷いたベンチに座って、ビール片手にお花見をしていたり...と、いつもの風景とはまったく違っていてびっくり。
自由が丘の桜は、早いものはもう葉桜。...種類がちがうのかな。でも、実は私、この、ちょこっと葉っぱが出てる葉桜の状態も風情があって好きなのです。
さくら色は、やわらかくて、やさしくていいですね。この季節ならではの色ですね。
仕事場に咲くパンジーも、ヒヤシンスも、なぜだかさくら色。この色に癒されながら、もうすこし、お仕事がんばろう...(笑)
これは、先日母からお裾分けしてもらった、母の手作り桜餅。春だなぁ。
子どもの頃は、桜の葉っぱを食べるなんて、考えられなかったけれど、いまは、この桜の葉の塩気があってこその桜餅ですよね。
味覚って不思議。
あぁ、桜餅、大好き!